無料ブログはココログ

« 原発の本当の被害3 ~私は福島県いわき市平で生きています~ | トップページ | 6月12日の福島のきき酒会は延期なりました »

原発の本当の被害4 ~私は福島県いわき市平で生きています~

善と悪・・・

県外のガソリンスタンドで、『福島県ナンバーの車、給油お断り』

福島行きのタクシー乗車拒否、レストランで入店お断り、ホテルでは宿泊お断り・・・

こんな記事が4月9日付けの読売新聞・福島版に載っていました。

またネットでは、いわき市に善意で物資を届けていただいた、ある運送会社の

トラックが、取引先から「お宅のトラックは、いわきに行ったので

荷物は頼めない」と契約を解除されたという記事が載っていました。

何故、福島県の人たちを断ったのですか?

何故、善意の運送会社を、称えていただけず 契約解除なのですか?

原発ですか?被爆ですか?

ここは、大丈夫なんですよ。

1日、2日でどうなることもないんです。

ましてや、私たちは福島県いわき市平で生きています!

こうした記事や考え方をすべての方々が持っているとは、もちろん思っていません。

県内外から、災害復旧に来ていただいている自衛隊・消防・警察

そして、ボランティアの方々。本当に感謝しております。

しかし、この方々も地元に戻った時 『あなたは福島県で、いわき市で

災害復旧をしていたので、入店はお断り、仕事は解雇です』と言うことには

ならないのでしょうか!

県民もそう、助けに来ていただいた方も、とても悲しいことになってしまいます。

これは善と悪、光と影・・・

心温まるニュースの影には、こうした事もあるのだと思うのです。

私たちが逆の立場だったらどうか・・・それも含めて

正確な情報を耳にいれてほしいのです。

« 原発の本当の被害3 ~私は福島県いわき市平で生きています~ | トップページ | 6月12日の福島のきき酒会は延期なりました »

コメント

オフロード社労士様

ありがとうございます。
私たちは、自分が逆の立場になった事を
考えながら、胸を張って生きていきましょう。

悲しいというか、呆れるというか、何ともやるせない話ですね。

そういう「お断り」した人たちは、自分の家族にその話をできるんでしょうかね?

我々は胸を張って生きれるよう対処していきましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発の本当の被害3 ~私は福島県いわき市平で生きています~ | トップページ | 6月12日の福島のきき酒会は延期なりました »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30