無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

原発の本当の被害 ~私は福島県いわき市で生きています~

まだまだ、先が見えず不安もある“原発事故”。

私たちも意地を張ってここにいるのではなく

情報に耳を傾け、もし非難勧告が出されるようであれば

それに従うつもりではいます。

ただ、いわき市平はそういうことも考えながら

みんな懸命に生活し、生きようとしているのです。

カッコつけではなく、人が戻って、人が生活し、夜に明かりが灯る。

そうした事で街はすこしづつ、生き返っていくと思うのです。

『もう、いわき市平はダメだから店をやめるよ・・・』とか

『これから先店をやっていても、まともな商売なんて出来ないよ』とか

言う方もいます。私もそう思っていないと言ったらウソになります。

お取引先がお店をやめてしまえば、うちも苦しくなるのは確かです。

でも、ここでやめたら・・・

儲かる儲からないの話ではなく、お客様がきていただければ

最後まで店を開けなければならないと・・・

ブログを書きながらも、ココロの中でいろんな事が混ざり合います。

私は生きています。福島県いわき市平で。

生活しています。  福島県いわき市平で。

これからも見つづけます。福島県いわき市平を。

大震災 ~いわき市の現状を伝えて~

福島県いわき市の大震災後の状況。

テレビでは、なかなかいわき市の海岸沿いの状況の映像を

流してはもらっていません。

被災地はどこも同じで、岩手県、宮城県の映像はたくさん出ていますが

いわき市の状況も、もっと知ってほしいのです。

原発の事もありますが、いまのところ私たちはこうして生活し

商売をし、食べて 生きています!

ここに人間がいる以上、被災地には一刻も早く重機や災害物資の

支援を心よりお願い申し上げます。

第9回福島の酒 きき酒会の予告

『第9回福島の酒 きき酒会』のお知らせ第1弾。

平成23年6月12日(日)、午後3時より

いわきワシントンホテル椿山荘3Fにて開催予定でございます。

チケットは前売り1,200円、当日1,700円でございます。

今年も県内三十数蔵元さんが一同に介し、すばらしいお酒と

様々な企画をからめて、お楽しみいただきたいと思っております。

詳細が決まり次第、お知らせいたします。

まずは、告知まで・・・

Photo_2 

又兵衛大吟醸酒の酒粕

何日か前に、ポカ~ッと暖かな日があったかなと思ったら

また、さぶ~くなってしまいましたね。

寒い日には、酒粕をつかった甘酒や粕汁で暖まりましょう!

それも、ちょっと上の酒粕でね。

Photo

『又兵衛大吟醸酒の酒粕』、もちろん数量限定です。

冷蔵庫をあけると、それはもう大吟醸のフルティーな香りは言うまでもなく

精米歩合35%の雪のような白さもいいですよ!good

Photo_2

もちろん、搾ったお酒の出来も良いとの事。(それも楽しみ!)

今宵は、甘酒で粕を楽しみます。

数量限定にて発売中です!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30