無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

『こだわりのかりん糖』 vol. 2 多ごまかりん糖

多ごまかりん糖

Photo_2

ごまかりん糖じゃないですよ、

『多ごまかりん糖』つまり “ごまが大変多いかりん糖”です!

細身でポリッと、チョッと塩味、そしてたっぷりごまの

風味豊かな味わいがたまりません。

ウイスキーにチョコポッキーが合うように

こいつは、焼酎との相性がバッチリなんです!

ぜひ、おつまみに飲ってみてください、ハマリますょ!

             (税込価格) 一袋 400円

Photo_3

このツブツブごまが、あとひくウマサです。

北海道ラーメン『熊出没注意』

北海道ラーメン『熊出没注意』

Photo

北海道産の小麦を使って作られた麺を、低温熟成乾燥によって

生麺本来のコシのある食感が再現できました。

とにかく、麺のおいしさにはびっくりです。

インスタントラーメンと同じように作りますが、

麺に油は使っておりません。

スープも、味噌・塩・醤油3種類ございます。

ぜひ、一度お試しください。

Photo_2

(税込価格) 1袋1人前入り 184円

当店では、通称『熊ラーメン』で販売しています。

かりん糖 『vol.1 梅ザラメかりん糖』

Photo

当店のホームページでもご案内しております 『こだわりのかりん糖』

おかげさまで評判もよく、人気商品となっております。

“たかがかりん糖、されどかりん糖” 厳選された原料を使い

丹精こめて、しかも無添加でつくられたかりん糖は、

本当においしくて、ついポリポリ やみつきになっちゃいます。

Photo_2

vol.1 梅ザラメかりんとう
      (税込価格) 335円

♪~梅は咲いたか、桜はまだかいな 

なんて、もう桜は満開ですが

梅ザラメかりん糖は、あまくて、すっぱくて、チョットしょっぱい

後をひく旨さなんですねぇ~

当店でも、女性のお客様に人気のかりん糖です。

お花見に行楽に、かりん糖持って出かけませんか!

vol. 2は、『多ごまかりん糖』です。お楽しみに! 

究極の逸品 『又兵衛 純米大吟醸』

四家酒造店、究極の逸品『又兵衛 純米大吟醸』のご案内。

そのお酒は、2009年の鑑評会出品酒(山田錦100% 

精白歩合35% 袋つり)そのままにアルコール度数16度

火入れ、壜詰めし冷蔵貯蔵された希少・又兵衛でございます。

Photo_4

正に希少、本数に限りがございます。

至極の味わいをご堪能くださいませ。

     『又兵衛 純米大吟醸酒』
      720ml(税込価格)4000円

Photo_5

金地に朱色の「純米大吟醸」レッテルが

最上級の証です。

又兵衛 本生吟醸酒『平さん』発売!

4月11日(日)、とっても暖かく桜もちらほら・・・

朝から四家酒造店さんにて、『平さん』のラベル貼り&箱詰め作業。

Photo

〈仕込み蔵入り口〉

今年の『平さん』の出来はいかに・・・

きき猪口の酒を含んでみると、鼻にぬける華やかな香り

フレッシュな酒は、まず穏やかな甘味が広がりながらすべり

のどごしに締りのあるわずかな苦味、これが次の一杯を誘います。

ン~ん最高ですね!

Photo_2

〈趣のある佇まいでしょ!〉

Photo_3

〈作業場にて〉

1本1本レッテルを貼り、箱詰めした『平さん』は

本日より発売いたします。

本生吟醸酒ならではの味わいを

是非、ご賞味くださいませ。

           又兵衛 本生吟醸酒『平さん』
            720ml(税込価格) 2520円

Photo_2

まだちょっと肌寒い日が続きますね。

『さくら発見隊』がウロウロしながら見つけてきました。

なかなか趣があるでしょ。(某所)

いわきには、松ヶ岡公園と言うお花見の名所があります。

来週ぐらいには八部咲きから満開になると思います。

そして『お花見隊』が出動となるわけですょ。

花が散ってしまえば、何事もなかったように

また桜の木だけが残るのですね。

♪~花びらが散った後の、さくらがとても冷たくされるように

                   風 ささやかなこの人生より~

いわき駅 ~変わり行く街並み~

わが街、福島県いわき市。

その玄関口『JRいわき駅』の改修工事が終わり

新しい顔でお目見えしました。

Photo 駅前階段上の舗道から見た

風景は、むかしの面影もありません。

さらに、多目的広場『ペデストリアン・デッキ』

から望む風景はカッコ良くも見え

そして、どこか近い都会で見たようにも見え・・・

Photo_2 子供の頃は、駅名も『平駅』でした。

平生まれの私にしては今でも時々

『いわき駅』とゆう名前がしっくりこない

ことがあります。

年なのかもしれませんが・・・

Photo_3 街並みや風景がかわっても

人の優しさや思いやりのココロは

変わらないでほしいものですね。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30