無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

数量限定本生吟醸酒 『又兵衛 平さん』

もうすぐ桜の4月を迎えます。

そして、数量限定 本生吟醸酒『又兵衛 平さん』の

発売の時期を迎えます。

今年の発売は4月12日(月)に決定!

早速、ご予約の方もうけたまわります。

地酒又兵衛 唯一の本生、しかも吟醸酒です。

Photo

米にこだわり、水にこだわり、杜氏さんが丹精込めて

醸した珠玉の一滴は、香り華やかで味わいふくよかな

春風のように心おどる味わいです。

是非、ご賞味ください。

Photo_2

〈数量限定〉
本生吟醸酒 『又兵衛 平さん』 (写真中央)
   720ml税込価格 2520円

ハイキング食堂

誰にでも、「教えたいけど秘密にしておこうかなぁ~」なんて

隠れ家的お店が一店はあると思います。

『ハイキング食堂』 ここはそんな素敵なお店です。

とは言うものの、一見さんお断りなんて事はない

お酒と音楽を楽しめるトコロです。

Photo

マスターおすすめの焼酎・スピリッツ

梅酒(見ても、飲んでもタノシ!)と

マスターセレクトのレゲエがイ~んです!

Photo_2

ビールは ハイネケン生ビール

ベルビュー・クリーク(いいとこついてるでしょ!)

巷でハヤリの 角ハイボール。

マシーン3台そろって、ゲッターロボだ!何が?

Photo_3 気さくなマスターがお出迎え!

女性ひとりでもプラッとはいれます。

ぜひ一度足をはこんでみては・・・

福島県いわき市平鍛治町6
℡ 0246-21-5752  PM5:00~
     『ハイキング食堂』

ビッグヴィンテージ ボルドー1986年

ボルドーの1986年と言えば、82年と並んで80年代のビッグヴィンテージの1つ。

中でも特にメドック地方の評価は高く、ラフィットやムートンはパーカー100点満点を獲得し

現在市場価格でも10万円以上…

「アルコール度数が高く、タンニンも豊かで力強く凝縮され、長命」と評価されている通り

長期熟成に足るポテンシャルを持ったヴィンテージなのは誰もがご存知の事実です。
                                         ~パンフ引用~  

という事で、『シャトー・ルトレフォン1986年』のご紹介です。

オレンジがかったレンガ色。熟成したカベルネ・ソーヴィニヨンの枯れた葉・トリュフ香

が感じられます。まろやかですが優しすぎず、渋み・酸味が広がります。

力強い余韻が長くあり、時間がたつと甘味も感じられます。 

23年間蔵から移動せずに熟成されたという、好環境によるものです。~パンフ引用~

私も飲んで、確かにそう感じました。是非お試しを!

Photo シャトー・ル・トレフォン1986年  2200円(税込価格)
                            残り僅か

子鍬倉神社神輿渡御 告知

2_4 4月の話で恐縮ですが、

福島県いわき市平の総鎮守 子鍬倉神社例大祭

御神輿渡御が4月25日(日)に行われます。

いわき駅前ラトブ周辺が見所です。

詳しくは、4月に入ってから再告知いたします。

桜咲く季節が待ちどうし・・・

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように

うららかな温かさには、まだもう少しかかるようですね。

桜の季節ではなくても、いわきの地酒『太平櫻』は

いかがですか!もちろんお花見の節にも・・・

Photo  Photo_2 Photo_4

本醸造 太平櫻 1800ml 1916円(税込価格)
 じっくりと仕込んだ、芳醇な本醸造です

純米酒 いわきろまん 720ml 1019円(税込価格)
 やや甘口でおもさを感じさせない
 後味のスッキリした純米酒です

ザ・ビールトスはおもしろい!

子供が幼稚園の頃、NHKでやっていた『ハッチポッチ・ステーション』
わたしの好きなビートルズ いやぁザ・ビールトスがおもしろいです!

又兵衛大吟醸酒の酒粕

又兵衛大吟醸酒の絞りが完了したようです。

今年の大吟醸酒はどんな出来具合か、とても楽しみです。

酒もさることながら、絞った後の酒粕がとてもおいしいです。

数量限定ながら当店で販売しております。

P3090028 又兵衛大吟醸酒の『酒 粕』
 500g入り 300円(税込価格)

冷蔵庫を開けた時の華やいだ吟醸香~

山田錦の抜けるように白い色合い。

早速、甘酒にして試飲。

うぅ~む!うまい!是非、ご賞味くださいませ。

P3090029

チリワインの行方・・・

Photo 南米チリの大地震はとてつもない被害に

なっていますね。

被災者の方々には本当にガンバって

ほしいです。

それで私の好きなチリワインは、大丈夫なのかなと

心配です。

畑やワイン造りができるのか?

できても出荷できるのか?

でも今はそんなところじゃないですよね・・・

『カッシェロ・ディアブロ』“悪魔のワイン蔵”が

自然の驚異とゆう“悪魔”にやられてほしくないです。

ガンバレ!チリ!

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30